施術が初めての方のうち、約60%の方が腰痛で来院されます。

そのうち50%の方は椎間板症や狭窄症、スベリ症などと診断されています。

他の半数の方は、骨に異常がないのに痛みやシビレ、張りなどの症状を訴えて来院されています。



皆さん
も痛みを訴えてレントゲンやMRI検査をしても異常ありません。
または、老化といわれたことがあるのではないでしょうか。

では、なぜ自覚症状があるのに検査をしても出てこないのでしょうか?

痛いところのみを検査して異常がなくても、お体全体的にみるとこの痛い部分ではなく、その他の部分が歪み曲がっている為、結果的に痛みが出ているケースがほとんどです。

よって、痛いところのみを施術するのではなく、全体的に歪みを整えないかぎり、痛みはくり返しおこってきます。


  

坐骨神経痛の原因には色々ありますが、一番多いのは仙腸関節のズレによる骨盤の歪みでの神経の圧迫です。
この痛みは骨盤矯正を行い神経の圧迫を解放します。

その他には椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、脊柱分離症、脊柱すべり症、梨状筋症候群などがあります。

坐骨神経は腰堆から出た神経と仙骨から出た神経が梨状筋の下を通り、大腿の後部の中央を通り細かく枝を出しながら下り、膝の裏でふくらはぎとすねの骨の外側(小指側)に大きく分かれ、さらに足の甲、足の裏まで続きます。

坐骨神経痛の症状は、足のシビレ・イタミが代表的ですが足の冷えを感じることもあります。

症状を感じる場所はでん部(お尻)・太もも(前、横、後)・スネ・ふくらはぎ足首・足の甲・足の裏・足の指に感じます。

坐骨神経痛の症状は、原則片方に症状を感じますが坐骨神経痛の原因疾患によっては、両側に坐骨神経痛症状を感じることもあります。

坐骨神経痛で骨に異常があるケース

腰部脊柱管狭窄症

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎すべり症

◎腰痛の原因は色々ありますので下記の症状も合わせて御覧ください。
椎間板ヘルニア腰椎すべり症
梨状筋症候群脊柱管狭窄症椎間関節症の症状はこちらから