椎間関節性腰痛症


病院で骨には異常ありません。
老化ですと診断されている大部分がこのケースです。

椎間関節症は老化現象による椎間関節の変性で、上下の関節のかみ合わせが悪くなったり、接合面が傷んでくる症状です。

若い方でも、椎間板が薄くなる(つぶれている)事によっても発症します。

一時的に強い負荷がかかると激痛になる事も多く、 前屈よりも反り返ったときに痛みを感じます。

またそれとは全く逆で 発症時は軽い自覚症状だったのが、徐々に痛みが強くなるケースも見られます。

疲労時に腰が重だるく、体を休めるとだるさが軽減するという軽度の腰痛が、 場合によっては坐骨神経痛などを伴う場合もあります。

年齢とともに背骨の骨と骨との間にある椎間板の水分量が減りうすくなりますが、この場合は、
ある1か所の椎間板がうすくなることが多いようです。

腰椎の4番と5番(背骨の一番下、骨盤のすぐ上)が一般的です。

椎間関節症の症状

1 ・ 30分くらい台所などの立ち仕事で、腰の中心から全体がつまるように重だるくなる。

2 ・ 30分から1時間くらい歩くと腰全体(時には、おしりの部分まで)がだるく椅子をさがしてしまう。

3 ・ 下肢の症状としては、坐骨神経の圧迫で足の後ろ側のひきつれや痛み、足の裏にシビレがでてきます。

◎腰痛の原因は色々ありますので下記の症状も合わせて御覧ください。
椎間板ヘルニア腰椎すべり症
梨状筋症候群坐骨神経痛脊柱管狭窄症の症状はこちらから