腰椎すべり症

椎間板の変性で腰の骨がズレてしまう腰椎すべり症は、50歳代の女性にとても多い病気です。
骨がズレることで神経が圧迫され、痛みやしびれの原因になります。

病院では、薬やコルセットなどを使用する保存療法をしながら、運動で腰周辺の筋肉を鍛えましょうといわれます。

筋肉をつけることで、骨にかかる負担を減らすのはいいことですが、運動すると、しびれや痛みが強くなる方もいらっしゃいます。

運動もできず体重が増えて、ますます痛くなる悪循環です。

腰椎すべり症の配列を整えることで痛みは改善されていきます。

手術で悩まれる前に、お体の根本から施術してみませんか。